いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

子育てには何が必要か~これから親になる人のために

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20190711143237j:plain

子どもが生まれるとできなくなることがたくさんあるのは確かで,以下のサイトでは3つ挙げられています。

 

 ■1:ゆっくりお風呂に入ること

■2:部屋をキレイな状態に保つこと

■3:夕食をゆっくり食べること&夫婦二人で外出すること

それは想像を遙かに超える!子どもが生まれると「できなくなること」3つ - Peachy - ライブドアニュース

  

読んでみてどう思いましたか?こんなのはだいたい想像がつきますよね。上記の3つを見て「ああそうだよね」とは思いましたが,それが「想像を遥かに超える」とは言えないと思います。私が想像を絶したのは子供が寝ないということです。赤ちゃんって寝るって思ってましたから,寝ないのは本当につらい。詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

www.gerge0725.work

  

また事前にやっておいた方が良いことはこちらです。

 

www.gerge0725.work

 

 

 

ただ実際には「子育てに備えて準備しておくべきことは何か」を知りたい人が多いではないでしょうか。そういう意味では以下の記事は非常に役に立ちます。

 

上記のことも踏まえ,私は以下のことの方がとても重要だと思います。そうです,住む場所です。

 

その上地域差がとてもでかい。

 ネットの数字はまったくアテにならない。近所に子持ちの知り合いがいればその地域でいくらかかるか聞いてみるのが一番いい。

 

 たとえばこの文章読んで、高すぎるだの安すぎるだの言う奴が出ると思うが、それはお前の地域と俺の地域の差で、産んでからでは、忙しくて状況に甘んじることになりやすいのだ。

 

実は私が書いた記事にもあるのですが,共働きの方は特に保育園が入りやすいかどうかはとても重要でしょう。しかし,ここに大きな壁があって,来年度からの入園に関しては新制度が導入されるので,現状では全く分からない状況なのです。ですから,どこに行けば入りやすいかというのはよく分からないのが現状です。

 

しかし,子どもが多い地域であれば保育園が増える可能性が多いのは事実であり,また,子育て支援をしている施設も多くあります。さらに子育て中の親が多く住んでいる地域であれば,親同士のつながりができて何かと便利です。特に第2子を考えた場合,一人では絶対に回りません。周囲の協力がなければ辛くなるだけです。

 

私の妻の場合,周りに保育園の送り迎えまで手伝ってくれる人がいて助かっています。そうやって助け合っていかないと,子育ての苦しい状況を乗り越えることはできません。それがとても重要なのです。

 

子育てをするために必要なものは子供が生まれてから買い揃えることは可能ですが,住む場所はそんなに簡単に変えられません。子どもをどこで育てるか。下調べをしっかりして決めた方がいいでしょう。

 

以下のようなサイトがありましたがご参考までに。こちらは自治体の支援状況がよく分かると思います。何歳までどのような支援があるのか,確認するのをお勧めします。

 

子育てしやすい街はどこ?(東京編) - NAVER まとめ 

 

 

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド