いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

育児か仕事か〜女性の悩みは尽きない

スポンサーリンク

育児休暇3年というは現実的にはかなり難しいようです。現在も,退職か出産かを迫られている人は多いようです。


働く女性に会社から「踏絵」 新成長戦略にはムリがある?〈AERA〉


引用
都内に住むAさん(32)さんは結婚したばかり。将来について話をすると、夫(34)はこう言い放った。

「キミには一生働いてほしいと思っているけど、子どもを保育園に入れるのはかわいそうな気がするんだよね」

 じゃあ、誰が子どもの面倒を見るんだよっ。


普通にこれはありそうですね。結婚する前にこういう話はしておかないといけないかもしれません。

引用
「子どもはどうするの?」「転勤はできるの?」
「将来的には産みたいと思っていますが…」

 そう答えて3月に受けた辞令は地方転勤だった。

「これは会社を選ぶか、家庭を選ぶか、という踏み絵だ」

 こんなに一生懸命仕事してきたのに──。怒りと落胆で体が震えた。考えてみれば、社内の女性管理職比率は0.1%未満。思い浮かぶ人は全員、独身か子どもがいなかった。

「たとえ転勤を受けても、子どもができたらイキイキと働き続けることはできない」

 1週間後、辞表を出した。

「そんな状況で、職場を3年離れるなんて現実離れもはなはだしい。安倍さんの話を聞いていると、女は『産めよ、育てよ、働けよ』と言われている気がする。ムリですから!」


確かにこういう状況では育休3年と言われても現実的でないような気がしますね。時短などでうまくまわるような仕組みを考えてほしいですが,中小企業はなかなかできないのでしょう。


はっきり言って会社にも政府にも頼れない現状があります。家族である程度なんとかするしかないのが現状かもしれません。そういう意味では夫の理解というがとても大切でしょうね。結婚前に確かめておいた方がいいのかもしれません。


私の周りにも子育ては女性がするものと思っている人がいますが,それで女性が良いと思っている家庭は当然うまくいっています。主婦になりたいと思っている人もいるわけですから。そういう意味では家庭内の分業である程度乗り切れる家庭もあります。くり返しになりますが,結婚前によく話し合ってみましょう。