いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

理想の子育て,現実の子育て

スポンサーリンク

f:id:gerge0725:20150212233352j:plain

我が息子たちは1歳と4歳。今年で2歳と5歳になります。長男が生まれた時から5年,次男が生まれてから間もなく2年なんですね。無痛分娩が懐かしいです(笑)。

 

www.gerge0725.work

 

 

第1子が生まれてしばらく経った時には「もう一人欲しいよね」という気持ちになりましたが,2人目が生まれて2年経つのに「もう子どもは良いよね」という結論になりました。まあその理由の一つは次男が長男以上に食いしん坊で寝ない子だというのがあります。

 

本日も保育園で2時間半昼寝をしているせいか,22時30分まで起きていました。日曜日は30分しか昼寝をしなかったので,もっと早く寝るかなと思いきや,21時過ぎで長男よりも寝るのが遅い。いやあ困りました。「もっと動けるようになったら寝るようになるよ」と言われるものの,今も結構動いてますよ。ただのパワフルな子どもなのではないか…。

 

そう言えば妻がくわばたりえさんの会に行った時に「下の子も寝ません」と言ったら「下の子も寝ないなんてめっちゃ辛いやん」と言われておりました。下の子って寝るっていうのは都市伝説だったんですね。いや,我が家だけが特別?

 

 

www.gerge0725.work

 

 

こんな状況なので「もう子どもは良いよね」となるのも当たり前かもしれません。これから早く寝るようになるのを願いつつ,日々過ごしている感じです。

 

それで仕事の方ですが,自分の教室を開いて小学生を教え始めました。もう塾業界から身を引くと考えていたのですが,自分にできることって今までやってきたことしかなくて,やっぱり教育に関わることになりました。これから頑張ろうと思います。

 

それで塾業界に15年近く関わっていたので,自分なりに理想の教育や子育てがあるのですが,これは他人の子どもだからできるわけで,自分の子どもとなるとなかなかうまくいきません。

 

待つということが重要なのは分かるのですが,自分の子どもだとそんなに簡単には行きません。仕事行かないといけないわけで。そういう状況なのに,男の子。出かける直前になって遊び始めることがあるんですよね。おいおい,出る直前に遊び始めてどうすると思うのですが,それが子どもなのでしょう。

 

これは人の子どもなら待ってあげることもできますが,自分の子どもとなるとそんなに簡単ではないですよね。自分が子どもに関わる仕事をしてきたわけですから,「こんなことをしてはいけなあ」と思いつつも自分の子どもにはそれをしてしまう。本当に難しい所です。

 

 

www.gerge0725.work

 

だから自分の子どもは他の人に見てほしいと思います。特に勉強は。そんなことを考えつつ,仕事では自分は任される身ですから,その責任をしっかりと果たしていきたいと思います。教室事業がうまくいくと良いなと願いつつ頑張りたいと思います。

 

スポンサードリンク