いつか朝日が昇るまで

30代・40代の働く皆さんに役立つネタを提供しています。

結婚・夫婦生活・家族問題

奥さんに先立たれること~ノムさんの話

奥さんに先立たれたノムさんの記事を読みました。とても感動的な話でした。男性は、自分の方が先に死ぬというふうに思っている人が多い気がします。自分が看取られる側であるという変な自信があるわけですよね。 gendai.ismedia.jp でも実際にはどうなるかわ…

「VERY妻」なるものがあるらしい~主婦たちの勝ち組負け組の基準とは

「VERY妻」なるものがあるらしいんですけど皆さん知ってますか。どうやら今、主婦たちの間では、「VERY」という雑誌が人気のようです。この雑誌には今どきの主婦の勝ち負けの基準が載っているとのことです。 そもそも結婚に対して勝ち負けを出してくる時点で…

私は「キモい」を追求する~「負の性欲」問題に思うこと

皆さんは「キモい」と言われたことがありますか?我々の成長過程では「キモい」という言葉はあまり使われず、好みに合わないみたいな丁寧な断られ方をしていました。それは「生理的に無理」のレベルまで行く場合もあれば、「どうでもいい人」のレベルまで幅…

オヤジにも言い分があるんだ!!オヤジの集いに参加してみて思うこと

オヤジはいつからオヤジなのか。もうすでに40代の自分はオヤジなのですが、オヤジと言うとどうしても自分の父親のイメージになるので、オヤジとは言われたくないという気もします。 しかし、世間一般には立派なオヤジです。そんなオヤジたちですが、さまざま…

恋したいアラフォーを応援する!世界の恋愛最新事情

恋愛はさまざまな形があります。40代既婚者でもモテたい人もいるでしょう。60歳でもモテたいのかもしれません。70歳で彼女がいる人もいました。どんだけ不倫期間が長いのだと思いましたが、それが幸せな形なのでしょう。 www.gerge0725.work www.gerge0725.w…

40代既婚者でもモテたいの?実際にモテたい人が多いらしい…

モテの話がツイッター界隈をにぎわしております。私は40代既婚者ですが、もはやモテたいとは全く思いません。やること多すぎて、そんなことをしている場合ではないのです。そのため、既婚者がモテたいという感情そのものが理解できないのです。 しかし、思っ…

あなたの体臭がきつくて周りを不快にしている可能性があるという話

皆さんは体臭気になりますか?私も40代。若い頃は汗のにおいも香水替わり。高校時代の部室は確かに臭い。しかし、それもまた若さの象徴でした。しかし、です。これは若い時だけの特権です。 また問題なのは体臭だけではありません。口臭もあるんですよね。「…

普通の男がいないのに普通の男はモテないという話

「普通の男がいない」というnoteが燃えてしまったようで、このあたりの戦いがさかんに行われるのが婚活市場です。その戦いの様子や「普通の男」という言い方については、みどりの小野 (id:yutoma233)さんが、大変上手にまとめてくれています。 「好きになれ…

シニア世代とは何が違う?ビジネスをする際に注意すべきこと

「シニア世代向けにビジネスをしたい!!」 こうした要望が社内でも上がりまして、シニア向けにビジネスをやることを考えたんですね。何でも提案するのは良いですよ。でも考えるのは私の仕事です。それ厳しいですよ。まあしかし、新しいことを考えるのは楽し…

結婚はしない方がいい?夫婦生活・家族問題の記事を振り返る

夫婦や家族の問題についてもたくさん書いてきました。結婚問題も書いてましたね。夫婦関係の問題はいろいろな夫婦の方と会っているので、そこでたくさん聞きました。結婚については弟の話や自分の話も書いてきました。 ここでは夫婦の問題や家族の問題、さら…

また入院!父、腸閉塞の手術もしてその後の様子は?

父親ですが、腹部大動脈瘤の手術を受けました。その経緯については、以下の記事に書きましたのでご参照ください。それで手術は成功して退院したのですが、微熱がしばらく続いていました。 www.gerge0725.work こんな父親なので、退院して微熱が続いているの…

結婚できないアラフォーの弟たちのことを勝手に分析してみる

私は大変運よく結婚できましたが、我が弟たちはアラフォーではありますが結婚できておりません。もちろん結婚がすべてではありませんので、結婚しないという選択はありなのですが、我が弟たちは結婚したいのに結婚できないのです。 結婚したいのに結婚できな…

離婚して苗字変更は子どもがかわいそう!日本もファーストネームで呼んだらどうか

このブログでは夫婦関係もたくさん扱っているので、離婚についての記事もたくさん書いています。夫婦間のすれ違いから、実際に離婚に至る場合もあれば、離婚はせずに仮面夫婦として生活する場合、年齢行ってから離婚する場合などさまざまです。 www.gerge072…

40代で住宅ローンって組めるの?住宅ローンは何歳まで借りられるのだろうかという問題

家を買いたいとなった時に現金で全部払える人は良いですよね。でも一般的にはローンを組むと思います。現在、金利が安いのでローンもお得だと言われています。しかし、私はフリーランスですでに40代なのでローンは組めないであろうという感じです。 そんなと…

夫婦の会話が少ないのはピンチ?夫婦円満のために必要な会話はこれだ!

夫婦間の会話はありますか。それぞれが忙しくなるとなかなか会話する時間はありませんよね。子どもがいたらさらに無くなります。なんでこんな話をしているかというと、最近PTAの話になって、夫婦でひとつの役員やったらどうなの?と提案したんですよね。 な…

ついに腹部大動脈瘤の手術になった!医者に止められても禁煙できない父親をどうすべきか

実家から最近電話がかかってきて、何事かと電話に出たら、父親が手術することになったというんですね。病名は腹部大動脈瘤ということで、破裂すると命の危険があるので手術になったようです。そんな電話が来てもですね、驚かないわけです。 なぜならその危険…

妻の誕生日のケーキは何がおすすめなのかという問題

大変参りました。8月は妻の誕生日だったのですが、そこで子どもたちと一緒に誕生日ケーキを買おうという話になったわけです。それでどんなケーキを買ったらいいのかと迷いまして、最後まで決めきれなかったのですが、最後はチョコレートのケーキにしたんです…

お金がなくても結婚できる?姉さん女房が独身男性を救う

結婚するために必要なことはなんでしょうか。性格が合う合わないはもちろんあるでしょうか、それだけではなく、現実的に見ればお金というのは大変重要な要素です。確かにお金がないと結婚できないように見えますよね。しかし、実際にはお金が無くても結婚で…

独身男性は辛い!結婚がひとつのステータスである社会で結婚することとは

私は運良く結婚できました。これは本当にそうで、今もお金ないですけど、当時も無くてよく結婚できたなと思っているわけです。それで私には2人の弟がいますけど、その弟たちはともに40代ですが結婚できていません。 www.gerge0725.work そんな弟たちも何とか…

遺伝子で相性も分かる?結婚相談所でも使われるDNA

皆さんは結婚をどのように決めますか?結婚は相性ですよね。しかし、その相性ですが、DNAで決めている人たちがいるのです。「そんなバカな」と思ったのですが、むしろあなたが遅れているのだと言われている感じがします。 ここでは「AERA20190729号」の「愛…

「私は私の人生を歩みたい」~ある主婦の告白

女性が結婚して子どもを産んだ後に会社を辞めるという話を聞いたことがありますよね。よく言われるM字カーブですが、いったん辞めた後に仕事に就くのは大変です。キャリアがリセットされるので、結婚も子どもも持ちたくないという人もいるわけです。 私は現…

結婚して10年が経ったので結婚生活を振り返ってみる

結婚して10年が経ちました。誰も祝ってくれませんので、自分でブログに書きます(笑)。結婚というのはしない方が良いという方もいますけど、結婚はした方が良いですね。もちろん事実婚でも良いとは思うのですが、でも一度ぐらい結婚してみないかと思うのです…

「えっ?本気でそんな発言しているの?」歳をとると右傾化するのかという問題

私の父親は70歳なのですが、だんだんと右傾化してくるんですね。それで実は我が弟も右傾化しておりまして、なかなか困ったことではあります。父親の方がまああまり学も無く感情論なのですが、弟の方が国立大学も出て、それなり勉強をしたので、確固たる自信…

樹木希林さんの男と女、家族に関する言葉に考えさせられる

週刊現代2019年7月13・20日号に以下の特集が組まれていました。今日はその記事をもとに樹木希林さんの家族間に迫りたいと思います。 スポンサードリンク 希林さんはこんなふうに考えていた 希林さと言えば生き方も特殊であり、最後はがんで亡くなったのです…

あなたは夫婦同室?それとも夫婦別室?夫婦の寝室問題について

結婚されている皆さんは寝室は同室ですか別室ですか。「eclat2019年8月号」によれば、別室で寝ている人が40%でトップ、次いで同室だが別々に寝ているが39%、同室で同じベットに寝ているが21%という結果でした。 この数字を見て、皆さんは意外と同室多いね…

既婚者なのに女性を好きになって浮気の誘いに失敗し炎上案件

これはですね、結婚問題のカテゴリーなんですが、いわゆる浮気・不倫類の問題です。最近でもツイッターでDMをばらされた人がいて、それでそのアカウントは鍵付きになってしまいました。私はリストで見ていたので、見られなくなってしまったのですが、要する…

結婚の目的とは?人生のセーフティーネットと結婚

結婚しても子供を育てるのはお金がかかるので持たないだけでなく、結婚そのものもしない。でもひとりは寂しいので歳を取ってから結婚という流れになるかもしれないです。— としぞう@弱小役員&はてなブロガー (@Gerge0725) 2019年6月29日 これまで日本は家…

離婚したい…その後の生活のために副業をする女性たち~男性がすべきことは?

「離婚したい」という言葉、それはいつ言われるか分からない言葉です。離婚と言うのは決して他人事ではなく、いつ自分の身に降りかかってくるか分かりません。女性が離婚に向けて着々と準備しているなんてこともあるかもしれないです。 そうした状況に我々男…

結婚って必要ですか?結婚という制度について考えてみた

結婚という制度がなくても、今と変わらない生活ができるけど、結婚していなかったら、妻や家族に何かがあった時に自分は逃げてしまうかもしれない。もちろん逃げるつもりはないのだけど、自分のことが信用できない。自分の弱さを制度がシバいてくれる。そう…

子供が引きこもりになったら家族はどうすべきだったか

引きこもりの話、またも話題になっていました。きっかけはカリタスの事件と元農水省の次官が息子を殺害した事件です。特に元農水省次官の殺害動機が引きこもりであったことが注目を集めました。 元農林水産事務次官熊沢英昭容疑者(76)が長男の無職英一郎…